空撮・農業・測量・点検・災害対応などの
ビジネスでの活用に!

ドローンビジネスに必須の
ライセンスを2日間で取得

ドローンパイロット養成スクール

受講生募集中!

お知らせ

SABAE DRONE STATIONとは

 ドローンはさまざまな産業分野での活用が期待されております。映像分野はもちろんのこと、農業分野であったり、建築分野、土木分野など様々な業種でドローンの活用が進みます。

 鯖江ドローンステーションはJMA(一般社団法人日本マルチコプター協会)の認定校です。JMAでは国土交通省の操縦士養成マニュアルに則った安全マニュアルで操縦士を育成しています。 企業へのスクール講習も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

 また、鯖江ドローンステーションでは、ドローンレーサー育成のためのカリキュラムも用意しております。特に100g以下のマイクロドローンでの映像撮影など、今後大型のドローンと同じく需要の多い分野です。

1年間の包括申請も含まれて手続きも安心

ドローンの資格を取得しても、それだけでは特定のエリアを除きドローンを飛行させることはできません。国土交通省航空局に1年間の包括申請を行いますので、面倒な申請手続きを任せることができます。

1年経過してもJMAの会員を更新すれば、包括申請も更新できますので安心です。

ドローンライセンス コース

JMA認定パイロット養成コース(2日間)165,000円(税込み)

養成コースに包括申請・機体初期設定など追加した、コミコミコース。

時間:2日間 座学・学科講習 ・無人航空機の基礎知識 ・航空力学 ・関連法令 ・安全運行管理 ・DJIGOアプリの操作設定 ・座学試験 実技・操縦訓練 ・基本操縦操縦 ・GPS環境下外の訓練 ・モニターを使用した目視外操縦飛行訓練 ・DJIGOアプリの操作実践応用 ・フェイルセーフ実地訓練 ・機体整備点検 ・実技試験 国交省の全国包括申請許可(包括申請) 認定証発行

以下のコースはJMA無人航空機技能認定取得後から参加できるコースです

建設ICT導入コース

 現在、国が掲げるI-Construction推進に向けたロードマップ(案)では、全ての建設生産プロセスで ICTや 3次元データ等を活用し、2025年までに建設現場の生産性2割向上を目指すことが推進されています。

 この『ICTドローン導入コース』は、そうした国の動きを見据え、ドローンの産業を促進するために、ドローンを利用した ICTの活用と導入に向け写真測量、調査、ドローン見積の分野で役立てれる教育プログラムです。

​・取得ライセンス
「ICTドローン導入コース修了証」

​・実技時間:6時間
​・金額:55,000円(税込)

農薬散布コース

農林水産省の基本政策に挙げられているスマート農業において、生産性の向上を図るため農業用ドローンの普及拡大の取り組みが行われています。

 「農薬散布ドローン導入コース」は、農業の生産性向上を促進するため農業用ドローンを活用した、農薬散布の基本を一から学べるベーシックプログラムとなっています。

​・取得ライセンス
「農薬散布ドローン導入コース修了証」​

・実技時間:6時間
​・金額:55,000円(税込)